Page Top

医療法人明貴会 山口歯科医院

診療予約

理事長挨拶

山口 貴史 Takashi Yamaguchi

役職
理事長
出身地
京都
趣味
サーフィン、日本拳法五段、太道二段 小堀流踏水術
学歴
1982年/大阪歯科大学卒業
取得資格
  • 歯学博士
  • 日本口腔インプラント学会専門医
  • ドイツ口腔インプラント学会 専門医・指導医
  • 国際口腔インプラント学会 専門医・指導医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 厚生労働省 歯科医師臨床研修指導医
  • 大阪歯科大学臨床講師

3つの信念

  1. 患者様ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの治療プランをご提案いたします

    医療法人明貴会 山口歯科医院では、患者様の口腔内の状態、そしてご希望をしっかりと確認し、歯科医師より患者様ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの治療計画を立案いたします。決して医院からの押しつけではなく、歯科医師とトリートメントコーディネーターが患者様のライフスタイル、ご予算、そして重要視する機能面などをヒアリングし、ご納得の上で治療を受けていただけるよう、私達は徹底した説明とお話のしやすい雰囲気づくりを最も大切にしております。当院に来院いただく方には、治療終了後もお口の健康を通して全身の健康を維持いただけるように、MTP(メディカルトリートメントプロトコール)という独自の流れを取り入れております。(MTPの詳細ぺージをご覧下さい)。保険診療の範囲に捉われず、長期に渡り機能し、患者様にとって最良と思われる治療計画をご提案するために大切なこと、それは各スタッフの知識と技術の習得と向上だと思います。そのため、われわれは日々の研鑽の中から常に最新の技術を習得し、チーム医療で患者様をサポートしていきます。

  2. 「患者様に対する優しさ以上の良薬はない。勝れた技術でさえそれに及ばない」

    より良いチーム医療を実現するには、スタッフの高い知識と技術、経験が大切ですが、歯科医師をはじめスタッフ全員の高い人間性は不可欠です。医療にとって一番大切なのは、優しさや思いやりや愛情といったものや正義感という精神文化だと考えています。また、患者様を中心としたチーム医療ですから、和が大切です。和を形成するには、礼儀や節度といったマナーが必要不可欠だと考えています。我々のクリニックは、人間性のベースとなるものを大切にしています。

  3. 口と口元から「健康」と「若さ」をクリエイトする「アンチエイジングクリニック」を目指しています

    口は健康の入り口ですが、病気の入り口でもあります。風邪・インフルエンザ・肺炎・糖尿病・リウマチ・認知症・心筋梗塞・脳梗塞等あらゆる病気の大きな引き金となっているのが、口腔衛生不良及び口の病気です。口の病気を取り除き、予防していくことが全身の健康の為にも大切です。

    また、咀嚼機能が回復し、咬合を安定させることがアンチエイジングにつながります。しっかりと咀嚼することによりサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)やオートファジーが活性化し、全身のアンチエイジングにつながります。(オートファジーとはノーベル賞を受賞された東京工業大学の大隈良典先生が解明された若さを保つために不可欠な機能です)。アンチエイジングを行いたい、いつまでも若くありたい方は、口の健康を取り戻し、維持することが大切です。

私たちは、上記の3つの信念のもと日々診療を行っています。また、医科歯科連携を大切に他科との協力を積極的に行っております。現在、山口歯科医院は、京都第二赤十字病院登録医・京都府立医科大学附属病院地域医療ネットワーク登録機関として地域医療に貢献しております。また、京都大学附属病院・大阪歯科大学病院をはじめ多くの医院・病院との積極的な連携も患者様の為に行っております。

最良の歯科医療を提供して、患者様にずっと若く健康にお過ごしいただきたい。いつも笑顔で過ごして欲しい。それが私たちの一番の願いです。

経歴

1982年
歯内療法学教室 入局
1984年
  • 大阪歯科大学 歯内療法学教室 退局
  • 大阪歯科大学 歯内療法学教室 退局
  • 日本歯科研究研修協会 補綴学スペシャリティーコース終了
  • 日本歯科研究研修協会 歯内療法学コース終了
1986年
  • 山口歯科医院 開院
  • HPI研究所歯科医学臨床コース終了
1987年
ブローネマルクシステムインプラント 口腔外科・補綴科両コース終了
1991年
  • MTI京都インプラントセンター 創設
  • 大阪歯科大学口腔外科第2講座 入局 専攻生 博士課程
1999年
  • WCOI(World congress for oral implantlogy)会員
  • IADR(International association of dental research)会員
  • 日本インプラント学会会員
  • ノーベル財団 ノーベルバイオケア社 公認インストラクター
  • スクリューベントインプラント社 公認インストラクター
  • 日本歯科臨床医学会会員
2005年
  • ドイツ口腔インプラント学会(DGZI)専門医、国際口腔インプラント学会 専門医 取得
  • 臨床研修指導医 取得
  • 日本口腔インプラント学会認定医 取得
  • 厚生労働省 歯科医師臨床研修指導医 取得
2009年
日本口腔インプラント学会専門医 取得
2010年
日本抗加齢医学会専門医
2011年
歯学博士
2013年
国際口腔インプラント学会 専門医・指導医

発表文献

1999年
  • 当施設におけるブローネコルクシステム。インプラントの過去8年間の臨床統計的観察
2001年
  • 「Ten-year results with Branemarks system implants. Proceeding of 5th world congress for oral implantology 2001:460-461.」
  • 「Ten-year results with Branemarks system implants. 5th Congress for oral Implantology Program & Abstracts of 5th Congress for Oral Immplantology 2001:129.」
  • 「Prognosis of the Branemark system implants during 10 years. J Dent Res :2002;81(Special Issue):436」
2002年
  • IADR「ブローネマルクシステムインプラント8年間の臨床統計的観察」
  • 日本インプラント学会「PRP(多血小板血漿のインプラント外科への応用に関する研究)」
  • IADR サンディエゴにて「ブローネマルクシステムインプラント10年間の臨床統計的観察」
2003年
  • 「多血小板血漿(PRP)を用いた顎骨再生.日本インプラント学科誌雑誌:2003;58.」
  • 「ヒト多血小板血漿の成長因子に関する検討.歯科基礎医学会雑誌:2003;45:381.」
  • 「上顎骨高度吸収例におけるPRPを用いた上顎洞拳上術.第32回日本口腔インプラント学会総会 日本口腔インプラント学会誌:2003;16:66.」
2004年
  • 「Augumentation of foreign surface fixture using PRP grafting materials. 6th World Congress for Oral Implantology Program of World congress for Oral Omplantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6):34. (Satelite AADR/IADR Poster session)」
  • 「A change in transendothelial migration cytokines of PRP during bone creation using dental implants. 6th World Congress for Oral Implantology Program of World Congress for Oral Implantology Program of World Congress for Oral Implantology 6:2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6):35.」
  • 「Augumentation of foreign surface fixture using PRP grafting materials. 82nd General Session & Exhibition of the IADR Jornal of Dental Research :2004;83(Special Issue A (CD-ROM)):2059.」
  • 「A change in cytokines of human PRP furing transedothelial migration.82nd General Session & Exhibition of the IADR Jornal of Dental Research :2004;83(Special Issue A (CD-ROM)):3723.」
  • 「多血小板血漿(PRP)を用いた顎骨再生.日本口腔インプラント学会誌:2004;17:67.」
  • 「歯槽骨再生に関する多血小板血漿の検討. Jurnal of Oral Biosciences :2004;46:380.」
  • 「ヒト多血小板血漿の成長因子の生化学的検索. 日本口腔科学会雑誌 横浜:2004;53:**.」
  • 「How we augment Alveolar bone by PRP.6th World Congress for Oral Implantology Program of World Congress for Oral Implantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6):22. (Table Clinic)」
  • 「Rigid augmentation of the maxillary sinus by a autologous PRP and bone : The use of implants for treatment of atrophic maxilla.6th World Congress for Oral Implantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6) :37.」
  • 「Ten-year results with Branemarks system implants. 6th World Congress for Oral Implantology 6 :2004;(Program of World Congress for Oral Implantology 6) :37.」
  • 「Rigid augmentation by autologous PRP and dental implants.82nd General Session & Exhibition of the IADR J Dent Res :2004;83(Special Issue A(CD-ROM)):0832.」
  • 「PRPと自家骨を応用したインプラントの実験的骨欠損部における顎骨造成過程の共焦点レーザ顕微鏡による観察. 日本再生歯科医学会雑誌:2004;2:124-130.」
  • WCOI ハワイにて「355 Rigid augmentation of Maxillaly Sinus by mixture of autologous PRP and Bone: The use implant for treatment of atrophic maxilla」
  • IADR「39527 Rigid augmentation by autologous PRP And dental implants」
  • 日本インプラント学会「垂直的仮骨延長後にブローネマルクシステムインプラントを埋入し、オステル装置によるISQ値測定」
  • 日本歯科学会「PRPと骨移植を用いた顎骨の再建後のインプラント埋入」
2005年
  • 「インプラント治療にPRPを用いた顎骨再生. 日本歯科医師会雑誌 :2004;57(4):410.」
  • 「インプラント治療にPRPを用いた顎骨再生. 歯界展望 :2005;293.」
  • 「Evaluation after prosthesis treatment of the Maxillaly sinus lift protion with grafted out ologrees program of Gloval Oral Imprant Academy 2005.」
2006年
  • 「自家骨とPRPを用いたサイナスリフト部におけるインプラント補綴処理後の評価. 京都府歯科医学会 雑誌.」
2007年
  • 京都府歯科学会「自家骨とPRPを用いたサイナスリフト部におけるインプラント補綴処理後の評価」
  • 日本口腔インプラント学会誌「自家骨と自己PRPを用いたサイナスリフト後の評価」
2010年
  • 「インプラント埋入時における歯槽骨欠損部の新生骨再生過程に及ぼすβ-TCP及びPRP(多血小板血漿)の影響」 日本口腔インプラント学会誌
  • 「歯科から始めるアンチエイジングー歯肉マッサージを導入して」 京都府歯科医学会雑誌
2011年
  • 「訪問診療における施設スタッフに対する口腔ケアの指導について」 京都府歯科医学会雑誌
  • 「インプラント体周囲骨欠損の新生骨形成過程におけるβ-TCP及びPRP(多血小板血漿)の影響」 大阪歯科学会雑誌・日本口腔インプラント学会雑誌
2012年
  • 「β-TCPとPRP(多血小板血漿)を使用したサイナスリストエレベーションの当医院にけるサバイバルレートと注意点について」 京都府歯科医学会雑誌
  • 「訪問診療での施設スタッフに対する口腔衛生指導モデル施設を基にしたアプローチについて」 京都府歯科医学会雑誌
  • 「糖尿病患者に対する歯周治療に関して抗加齢医学会指導士としての症例報告―歯科と内科と眼科の連携」 京都府歯科医学会雑誌
2013年
  • 水圧を利用したクレスタルアプローチ及びラテラルウインドウよりアプローチするサイナスフロアエレベーションまたピエゾサージェリーを用いたケースの比較検討
2016年
  • 第28回 京都府歯科医学大会「当院の口腔衛生管理システムに基づくインプラント治療20年以上経過症例から見えてくるもの」
  • 「訪問歯科診療における他職種連携の有用性」
Reservation
メールでの診療のご予約・お問い合わせ

山口歯科医院

0120-558-461

  • 〒602-0856 京都府京都市上京区荒神町110-2 (河原町荒神口上ル西側)
  • Tel: 075-221-5426 / Fax: 075-211-2275
  • 診療時間: 月曜 〜 金曜(夜間診療)/ 9:30 〜 21:00土日10:00 〜 13:00/14:00 〜 18:00 (祝日休診)

医院情報を見る

三条山口歯科医院MTI京都インプラントセンター

0120-464-670

  • 〒604-8031 京都府中京区大黒町71-21 CT・BEACHビル 1F2F3F (河原町三条下ル東入ル北側)
  • Tel: 075-255-4649 / Fax: 075-255-3220
  • 診療時間: 月曜 〜 水曜・金曜 〜 日曜 / 10:00 〜 18:00 (木曜・祝日休診)

医院情報を見る

Contents

このページのトップへ戻る