カテゴリー: 総合
投稿者: staff
口は消化器官の入り口です。“食べる”“話す”“呼吸する”“笑う”など、私たちの日常生活の中で大きな役割をもっています。
「サルコペニア」という言葉をご存知でしょうか?
サルコペニアは、加齢に伴う筋肉量の低下を意味します。すべての筋肉量・筋力・身体機能の低下をさし、サルコ=筋肉、ペニア=減少というギリシャ語を組み合わせた言葉で「筋肉減少症」とも呼ばれます。
全身の筋肉が低下すれば寝たきりに、口腔周囲にサルコペニアが起きれば、食べる機能の低下につながります。
実際、お口の中は筋肉の塊です。「舌」「頬」「唇」などの筋肉も痩せていくのです。
筋肉の減少を予防するために、バランスの良い食事を心掛けましょう。必要なエネルギーをしっかりと摂取することが大切です。そのためには、しっかりと噛むことのできるお口の環境を整えましょう。
そしてお口周りの筋肉も良く動かしましょう。まずは、一口30回から50回噛んで食べることから始めてください。簡単そうで意外と難しいことです。
お口のフレイル(脆弱)を予防し、生涯にわたりいつまでも自分の口で美味しく楽しく食べることを目指しましょう。

山口歯科医院 歯科衛生士 嶌本美賛
カテゴリー: 総合
投稿者: staff
当院は、歯科外来環境体制の施設基準を満たしております。ご安心して治療をお受けください。

歯科外来診療環境体制加算の施設基準とは、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方社会保険事務局長に届け出た保険医療機関において、歯科外来診療の総合的な歯科医療環境の体制整備に係る取組を行った場合という施設基準です。

これは歯科診療の特性を踏まえ、より安全で安心できる歯科外来診療の環境の整備を図る取り組みに対する評価です。

歯科外来診療環境体制加算

歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準

(1) 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。
(2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること。
(3) 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。

 ア 自動体外式除細動器(AED)
 イ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
 ウ 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
 エ 血圧計
 オ 救急蘇生セット(薬剤を含む)
 カ 歯科用吸引装置

(4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
(5) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。
(6) 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
(7) 歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。
(8) 当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法やその対応および当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

今後も患者さんが安心して通院できるよう努力致します。
カテゴリー: 総合
投稿者: staff
最近、歯科治療器具(タービン)やゴム手袋が患者様毎に交換されず、使いまわされているという記事が話題になっています。
当院では、タービンを含む全ての機器・器具を患者様ごとに滅菌し、ゴム手袋等のディスポーザブルの物は患者様ごとに交換しております。
医療福祉環境アドバイザーのスタッフが院内感染予防に細心の注意を払っておりますので、ご安心して治療をお受けください。
ご不明な点ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

null

null
カテゴリー: 総合
投稿者: staff
みなさんは食事の際、一口何回噛んでいますか。
一度ご自身で確かめてみてください。
一口の食事を口の中に入れたら30~50回噛むのが理想とされています。
では、よく噛むことにはどんな良いことがあるのでしょうか。
満予防
脳にある満腹中枢が働いて食べ過ぎを防げます。
覚の発達
食べ物の味がよくわかります。
葉の発音をはっきり
口の周りの筋肉を使うため表情が豊かになります。
口をしっかり開けて話すときれいな発音ができます。
の発達
脳細胞の働きを活発にします。
子どもの知育を助け、高齢者は認知症の予防に役立ちます。
の病気を防ぐ
唾液の分泌が促進され、口の中がきれいになります。
この唾液の働きが虫歯や歯周病を予防します。
んの予防
唾液中の酵素には発がん物質の作用を消す働きがあります。
腸の働きを促進
消化酵素がたくさん分泌され消化を助けます。
身の体力向上と全力投球
歯を食いしばることで力がわきます。
この8つの頭文字をとって
ひみこの歯がいーぜ」でぜひ覚えてください。
そして、一回でも多く噛んで食事を、人生を楽しんでください。

医療法人明貴会 三条山口歯科医院
歯科衛生士 朝田美里
カテゴリー: 総合
投稿者: staff
本日、医療法人明貴会山口歯科医院京都インプラントアンチエイジングセンターと三条山口歯科 春の「アンチエイジングセミナー」が実施されました。

山口 貴史理事長の健康セミナーを聞いて10歳若返り、きむかつコーチこと木村克己コーチに参加者全員、楽々ランニングの魔法をかけられ、みんなで御所にランニングに出かけ、終わった時にはみなさん笑顔で20歳は若返ってました✨

昨年の倍以上走ったのに、魔法のお陰でアッというまに時間が過ぎました。

皆さん、魔法がとけないうちに毎日続けてくださいね〜✨

もう1つの魔法は、セミナー前に雨が降っていたのに、走る前には快晴になりました。これは、山口理事長が、かけられた魔法⁉️です。



» 続きを読む